さいたまで股関節の痛み(変形性股関節症)を改善

私は小さい時から足の痛みに苦しんでいて、大人になってからは腰痛とひざ痛・股関節痛など痛めました。この仕事をしているのに自分の身体が弱いことがコンプレックスでした。(先生が腰痛では人は治せない!)

しかし、私はこれで良かったと思っています。痛めている方々の気持ちが人一倍理解できること、自分で改善しようと色々研究して独自の施術理論を作り上げて腰痛・足の痛み・股関節・膝痛に効果を出して皆様のお役に立て喜ばれていることです。私はこの仕事が使命なんだと、目に見えない力を感じています。

私自身が経験した痛みを自分で改善してきた方法で、多くの方を救いたい。これが私の願いです。

東京・埼玉・神奈川・千葉の関東からはもちろんですが、関東近隣の茨城・群馬・栃木からも来院しています。通いで来られる方が多いですが、全国からも来られるため泊りで来られる方も多いです。(院の横に宿泊施設あり)(他の宿泊

※遠方の方へお伝えします。

当施設の徒歩30秒のところに宿泊施設(アパートの一室)があります。そこに2泊3日(もしくは3泊4日)来ていただき3回の指導と施術を受けてもらい、その後は1か月(2か月)1回来てもらい、その都度アドバイスできれば良いかと思います。

この方法は、施術と指導から構成されていて自分で改善していく力と知識を取得してほしい願いで作りました。なぜ普及したいのかというと、私自身が股関節の痛みで悩み苦しんで学び、多くの方が悩んでいるんだと知ったからです。

そして、多くの方が「様子を見る」という放置状態を治療していると勘違いをしている事の重大さを知ってほしいからです。

股関節は適切な方法で管理しないと、長期化し年数が経過すればするほど悪化するからです。(悪化:変形が進行、炎症長期化による関節の破壊、関節面がズレて上方外方転位で脚が短くなる。関節拘縮硬直の悪化)

私の経験から初期(また中期)の頃に適切な対応をしていれば予防できると確信しています。(40代が理想)

自分でケアができるようになることが最も大事なことです。日々コツコツとケアです。

※注意:ただ初期など痛みの頻度が日により違うと予防の重要性を感じないためケアが疎かになりがちです。

私の考案した「股関節温存療法」は3回の来院中に、施術法+セルフケア指導+軟骨改善法+食事管理+指導(注意したい日常生活とやってはいけない運動)+心の持ち方をトータルケアで行っています。

そして、私自身が面倒くさがりだったので難しく複雑なことが苦手だったから誰でも簡単に実施できるように作りました。

ひとつだけ来られる方に要望は簡単でも継続する強い意志を持ってくださいと伝えています。なぜなら、改善しやすい方の特徴は素直で馬鹿正直なくらい言われたことをやり続ける方だからです。「継続は力なり」この一言に尽きます。

当施設に来られる方は色々な医療施設や整体・鍼灸・カイロプラクティックなどに長期通われてから、「最後の駆け込み寺」的に私のところへ来られます。(股関節ケアにかけた費用と時間を考えてみてください。)

私が皆様に伝えていることは、自分でケアすることが出来ること「私が自分でケアできる方法を作った」のです。

私自身が通うことに否定的なため、当施設に来られる方にも通う他力本願は危険ですと指導しています。

通うことはお金と時間を費やします。お金と時間をもっと自分の楽しみに使ってほしいと考えています。

私の指導している股関節温存法は手術してもしなくても必要なことだと思っています。なぜなら、股関節が悪くなる方は痛みだけでなく可動域が狭くなることや他の部位も痛めやすくなるからです。

例、手術しても体の環境は良くないままですから再発や他の部位が痛くなる可能があります。私が指導しているケア法は体全体を整えコンディションをよくするため痛みを引き起こしにくい体つくりに役立ちます。

当施設に来られる多くの方は長期放置状態です。「え!?放置してません。病院に通っていました。」と言われると思いますが、炎症が治まらずに痛みが続く状態は放置していると同じ事なんです。

痛み止めは体が慣れると効き目がない、湿布は効果がらうか無いかわからない、リハビリは受けているが痛くなることが多いなど効果がないことを続けていても意味がありません。それどころか危険!

軟骨がすり減る理由、変形が進む理由を正しく知って根本からアプローチしないといけないんです。

股関節の痛みで悩む方は、他の部位の痛みも併発する恐れあり!

変形性股関節の痛みの方は、股関節意外の部分にも痛みが起こり鼠蹊部、大腿部、膝、腰、ふくらはぎ、足首など色々な場所に痛みや違和感など発生します。股関節の痛みと言っても腰から来る場合や股関節自体の痛みかを判別して施術することが効果を出すのに重要です。この判別が出来る施術家は少なく経験値(多症例)を積まなけれな見分けが難しいです。

股関節の痛みを抱える方々の共通する問題を見つけました。股関節が痛くなる前に慢性腰痛があって坐骨神経痛も患っていた方がです。そのような方は痛い方の側の筋力低下から股関節に負担がかかると考えます。

膝が痛くかばって歩くことで逆の股関節に負担がかかり痛くなる。もう一つは肩の動きが極端に硬く動きが悪い。(ほとんどの方が痛い股関節側の肩)肩が動きが悪いと歩くときに肩関節と股関節の連動がうまくいかずに正しい歩き方が出来ず股関節・膝関節に負担がかかるから痛くなると考えます。この施術は全身のバランスを整える為に腰・膝・肩の問題も自然と改善していきます。

喜びの声を一部をご紹介します。

メールにてお礼の言葉届いてます。遠方の方 

2度目の施術から一週間経ちました。施術後は本当に体も足取りも軽やかで帰る事ができました。あれから毎日、お風呂上がりに必ず冨澤式股関節温存療法のセルフケアしております。多少の痛みは残るもののしゃがむ事が気にならないくらいになりままだ開脚は引っ掛かる事が多く、それでも可動域は少し広く出来る様になり、すんなりまではまだまだ時間かかりそうです。面白いように開くので何でもない左足の付け根が痛くなったりしました。無理は禁物ですね(笑)たった2回で?と半信半疑でしたが、1ヶ月前の痛みと比べたら効果は絶大です。このように、先生の施術に巡りあえて良かったと思っています。完全に良くなるまで、お付き合いさせて下さいね。また、お気づきの所があったらアドバイスお願いします。先生も体に気をつけて頑張ってくださいね。本当にありがとうございました。※効果は症状により異なります。 

 

またまたメールを頂きました^^北関東方面から

花見しながらウォーキングしたり、アップダウンのある公園でウォーキングしたりしてます。時間にしては2時間程度、8000歩くらい。それでも痛くなることはありません。ここでも先生のメソッドが活きてます。そんな中、今日の田植えで緊張しましたが、痛くなることはありませんでした。自分なりに動いて、無理な体勢を作らなかったことも幸いし、筋肉痛も感じませんでした。要は足腰がきっちりと柔軟性が出来ていると思ってます。更にレベルをあげていきたいです。もっと動きに負けない強い股関節を作りたいですね。本当に先生のメソッドがパンチ効いていますよ。あのまま施術してなかったら、きっと歩けなくなって手術することになってたんだろうと思うと、考えるだけでも悪寒します。本当に良かったです。動ける喜びはこの上ない喜びですもの。また相談にのってくださいませ。※効果は症状により異なります。 

 

こんなうれしいメールをいただきました。

初回来院

冨澤先生こんにちは。先週と先々週、左股関節でお世話になりました〇〇です。正直まだつまり感だったり、不意にくる痛みがあり、全く無痛という訳にはいきませんが、あぐらがかけるようになり、開きは良くなっています。また階段の上り下り、手すりにつかまらないと怖かったのが、先週先生の所に行く道中、思いきって手すりに頼らず歩いてみたところ、意外と気持ち良く歩けることに驚き、帰り道の駅の階段はもっと自信を持って上り下りし、歩くのが気持ちいいと思えた程でした。まだ左は硬く左右差はありますが、お風呂上がりに教わったことをこつこつやっていきます。お世話になり本当にありがとうございました!

2回目来院

昨日メールを送信した後、1時間半程歩きに行きました。イルミネーションを見た後、後半はだらだらの上り坂、上りきった後は傾斜のある下り坂、今まで階段の上りも嫌だったのですが、斜面を上るのはもっと嫌で、左足の動きがぎこちなく情けない姿(ロボットの様?)だったのが、昨日は股関節のつまりを感じず、なめらかに斜面を上ることが出来ました。昨年の夏、股関節に違和感と痛みを感じて以来初めてのことで、とても嬉しかったです。歩くこともリハビリだと思いますが、痛みが出たら控えた方がいいですか?どの程度がプラスになって、どの程度だとマイナスになるのか程度がわかりません。アドバイスいただけたらありがたいです。

  •  立ち仕事で、立っていることが痛くなり辛い。
  • デスクワークで長時間座って仕事していると痛くなり困っている。
  • 運転が多く長く運転席に座っているとジーンと痛くなる。
  • 車から乗り降りで痛く足を持たなと座れない。
  • 車から降りるときに痛くすぐに伸ばせない、歩けない。
  • 寝ている姿勢が痛くよく眠らない。
  • どう来いっても、何をしても改善されないから不安。
  • 何をどうすればよいかを知りたい。
  • 歩けなくなるんではないかと心配。
  • どうして悪化してしまったかを知りたい。
  • 痩せたいけど痩せられない、痩せる方法を教えてほしい。
  • やってはいけない運動などし知りたい。
  • 日常生活で注意した方がいいことを教えてほしい。
  • 一人で乗り越えられるか不安だから、専門の人に寄り添ってもらいたい。
  • 手術したほうがいいとすすめられているが迷っているから相談したい。
  • 軟骨がすり減っているといわれ軟骨の修復が出来ないか相談したい。

Q:自分でセルフケアが出来るようになれますか、覚えが悪いから心配です。

A:大丈夫。誰でもできるように簡単な動きで構成されている為、覚えやすく作っています。3回の施術と指導で順序良く教えているため安心して来てください。どうしても心配であれば動画撮影もできますので、ご要望であればお伝えください。

 

Q:3回で改善できるんですか?

A:3回で改善するのではなく、3回で施術を受けていただきセルフケア法を指導して自分で改善するために、日々のケアが大切で毎日コツコツ行っていくのです。近場で施術を受けてその場は良いがすぐに戻るなどは、自己でケアしないため施術効果が持続しないのです。

 

Q:軟骨再生は出来ないとお医者様に言われましたができるんですか?

A:軟骨は再生するというお医者様と再生しないというお医者様がいます。年齢や環境にも影響されますが、骨も5年で新しく入れ替わるといわれています。軟骨もすり減りと修復がされています。再生の可能性としてはあると考えます。ただ時間は相当かかるのではないかと思います。栄養摂取と環境を整えることが出来れば可能性があると思います。

 

Q:股関節専門の病院や施術を色々受けましたが改善しませんが大丈夫ですか?

A:大丈夫。痛みを知る私が作った施術法とセルフケア法です。こうすると良い、こうなると痛いなど試行錯誤して作り上げたので100%ではないと思いますが、多くの方にお役に立てると思います。もう一つはこの施術法とセルフケア法は普通の方も行うとコンディショニングや歪み調整に役立つためお勧めしている安全で安心の方法です。

 

Q:遠方からではどのように通えばよいですか?

A:関東近隣の方々は通いで来られる方もあります。遠方の方は2泊3日の宿泊で連続3回の施術を受けていただいています。1週間に1回を3回受けるのも良いですが連続3回でもOKです。効果は変わりません。ただ経過を見ていく点では経過が負えないため帰宅後の連絡が必要です。

股関節の痛みを抱えている方は、気持ちが落ち込み軽い鬱状態になっている方が多いです。それは痛みはストレスとなり精神にも影響を及ぼすからです。

痛みをわかってくれる人と共有しながら改善に向けて努力すれば必ず道が見えてきます。すぐに見えてこなくてもあきらめずに何度でも立ち上がることが大事です。

痛みを知る私が寄り添いあなたのトレーナーとしてサポートします。

股関節痛の整体の流れ
股関節痛の整体の流れ

カウンセリング・指導

 

股関節の痛みの原因を探し当てるための、入念にカウンセリングします。最後も今後の指導など行います。

 

実例で見てみる?どんな風に施術指導されるのか?→こちら


お風呂上りに体の柔らかい時に毎日行う体操法

体重管理指導(栄養食生活指導)~痛み慢性炎症を体の中から改善する

当施設に来られる方で8割は体重の増加が起こり始めたころから痛みが強くなった方々を多いです。おおよそ3㌔以上の増加で痛みが強くなっているようで、3㌔以内なら黄色信号でしょう。

 

股関節の痛みの改善には体重管理が必須のため、体重管理指導(食事指導)を行っています。痛みがある方はダイエットの為に運動は出来ません。運動よりも食事内容が痩せる基本です。。


痩せているから大丈夫では危険です。筋力低下も考えられる。

極端なダイエットや加齢により筋肉は衰えていきます。体重が太り筋肉が耐えられないために股関節が痛くなるのとは逆に、体重が少なくても筋肉が痩せて筋力が落ちて股関節を守れずに痛くなることがあります。

 

痩せているから関係ないではないのです。当施設では食生活の指導も行うため根本から改善させていくことを目標にしています。


健康ゆすり器の指導~軟骨再生を可能にした簡単な動きで関節を蘇らせる

軟骨がすり減りから痛いと言われますが、軟骨には神経も血管も通っていないため痛むことはありません。関節の軟骨は健常な人でもすり減り修復を繰り返しますが、変形性の股関節の方はサイクルが崩れています。

 

崩れる原因には色々ありますが、関節包の炎症を早く抑えて滑液(関節液)の分泌を促し、関節を一定の微動を与えることで軟骨が滑液から栄養を吸収し修復されていきます。九州の井上明生 先生が考案した貧乏ゆすりは理にかなっています。

 

当施設では、正しい使用方法など説明し理解して納得して、毎日実践するモチベーションを高めていただき、軟骨再生を目指しています。

※注意:必要がない方もいる為、必要ない方にはお勧めしていません。


心の問題(考え方)も重要な要素

治りやすい人と治りにくい人の差から学んだ心の問題解決

 

股関節の痛みで悩まれている方は、長年の痛みとの戦いで疲れ果て「鬱」に近い状態になっています。痛みのストレスで過食になり太ったり、イライラしたり、引きこもりになったりと悪循環に陥っています。

カウンセリングや気功、レイキヒーリングなど学んだ私が心のケアも行います。そして当施設で指導している食生活指導は心の元気にも効果が高いため、整体法などと合わせて施術いたします。

 


股関節の痛み(変形性股関節症)で注意したいこと

院長の御挨拶

私自身が股関節を痛め改善させるために奮闘して作り出した施術法とセルフケア法です。自分で改善させることを目的とした施術と指導が中心です。

 

冨澤式股関節温存療法は「痛み・動き・筋力」を回復させることと、手術を回避させたい方への軟骨再生を目指しています。

 

皆様のお役に立てるために日々精進して二人三脚で股関節の痛みを乗り終えていきましょう。


本の出版、雑誌の連載などメディア活動

 

特報:2020年6月号の健康雑誌「壮快」に掲載されます。

 

第1回掲載(P164~)

変形性股関節症の温存療法は早ければ早いほど効果的!

【内容】※健康365に連載します。

  • 変形性股関節症の温存療法は早ければ早いほど効果的
  • 「ひどくなるまで様子を見ましょう」は放置と同じ
  • 一時的に回復した時も油断は禁物
  • 巷で良いと言われている運動は実は痛みを悪化させる

Amazonで購入する。


2017年8月26日

Amazon購入はこちら

2019年6月

Amazon購入はこちら

2019年9月号

Amazon購入はこちら

こんな活動をしています。

その他

  • 健康365に連載します。
  • 毎日の健康に掲載2017年
  • 日経ヘルスの取材2017年
  • 足の痛み改善ソックスプロデュース2018年
  • 夢21
  • わかさ2019/09号

股関節についての本を出版準備中

股関節サポーター考案中!


新着情報

院長推薦!耳よりの情報(股関節の痛みさようなら~^^)

長く座ると痛くなる、立ち上がる際に痛いは「これで」解決!

ゲルシートクッション

長く座っているとお尻・股関節が痛くなる時の対策グッズがあります。院長お薦めです。「腰痛・坐骨神経痛の対策に最適です。お尻の筋肉がなくなると座位はきつい、股関節の改善に一躍です。驚くほど快適!低反発対策のために開発されたプレミアムゲルシートクッション。ジェルクッションは卵を置いて座っても割れない驚きのクッション性があります。

詳しくはこちら


痛みが強い時は股関節に体重が乗っても負担が少なくすることが重要、それがサポーターの役割!

痛みが強く出ていて足を着くとズキンと痛みが来る場合は、炎症中なので、体重の負担が股関節にかからないようにするためにサポーターを提案します。

あくまでも一時的な対処法です。当施設で指導している自己ケアをして使用することが筋力低下や固まるリスクを避けるうえで絶対に必要です。それも学んでください。

 

サポーターの詳細はこちら


施術料金

★初回費用 

  • 初見料 3,000円(税別)
  • 施術料 16,000円(税別)

※メールで予約で初見料が1,000円(税別)に割引

 

★2回目、3回目

  • 施術料 11,000円(税別)

 

★4回目以降からは

  • 施術料 8,000円(税別)

予約メールフォームの紹介

診療時間のお知らせ

●月曜・木曜は定休日

●火曜・金曜 9:00-21:00

●水曜・土曜・日曜 9:00-18:00

追加営業のお知らせ

2020年4月29日も祭日営業します。

ゴールデンウィークも通常通り行います。

 

アクセス

パワースポット^_^千年以上生きている「カヤの木」天然記念物指定
パワースポット^_^千年以上生きている「カヤの木」天然記念物指定