人類は何を食べると正解か?

人類は肉食の生き物であった

縄文時代(1万2000年間)の人類は植物の採取・動物の狩り・魚貝類の採取などで生きてきました。農作物中心の生活は弥生時代にコメや麦を作り安定的に飢えないように食料を確保するこのに成功しました。繁栄を手にしましたが、元々DNAには農作物中心の食生活には対応していなく、【たんぱく質・脂質】と【少しの糖質】で生き延びてきたと考えます。

 

しかし現代(ここ100年)は、糖質摂取の方が多くなり逆転してしまった為に肥満という病原の体内環境を作り上げてしまい、病気の予備軍を含めるとかなりの数が危機的ではないかと考えます。

 

縄文時代と弥生時代の違い

旧石器時代・縄文時代・新石器時代の違い