変形性股関節症は年代別に共通の経過を辿る

変形性股関節症の年齢と付き合い方の特徴を早いうちに予防を心がけよう。

 

変形性股関節症は年齢と症状の経過には共通するものがあります。私が強く訴えたいことは、30代のうちに予防をすることが重要という事です。遅くても40代前半に予防を行ってほしいです。変形性股関節症になる方は少なからず先天性の臼蓋不全などある方がほとんどです。生まれながら股関節にリスクを抱えているため、年齢とともに症状が出てきます。20代にはほとんど症状らしいものは出てこないか、出てきてもすぐに消えてしまうため20代の方は深刻に思わないため予防法を指導しても痛みがなくなれば予防のことは忘れてしまいます。

 

30代の方には強く言いたい、この時期に予防をすれば進行はしない

 

30代は良く股関節周辺に違和感や痛みを覚えます。20代と違ってすぐには治らず短期間ですが痛みや違和感は継続するため、このころには整形外科や整体などに行く方がいます。行くと痛み止めや湿布をもらい、少し股関節周りをマッサージしてもらうと、一時的に症状が消える為に治ったと思いますが、これは治ったのでなく一時的に引いているだけです。また痛くなったら通うようになります。

 

40代は症状が進んでいて、良く動くため痛みが日常的になる。

 

30代はこのようにしのげますが、40代となると痛みの持続期間が多くなり少し生活に支障が出てきます。すると整形外科や整体に通うことも多くなり、通うとその場は良くなるのですが、数日たつと痛みや違和感が戻ってきます。そんなことを繰り返していくと足の長さが見た目で変わってきて歩きずらくなっています。40代で股関節が痛く整体や整形外科で足の長さに左右差が出てきてますと言われたら要注です。しかし、40代も整体や整形外科に通うと一時的に改善するため、騙しだましに過ごすため40代後半になると可動域が極端に狭くなります。靴下が履きずらくなったとか、階段が上がりずらくなったとか、片方の股関節が開かなくなってきたとか、生活に不自由さを感じてきます。しかし、この年代も対処療法で一時的にしのがるため、悪化する前に予防をしようとする考えは出てきません。整形外科も様子見てひどくなるようなら手術しましょうとなりますが、そこまでひどくならない年代なので、その症状を引きずったまま50代に入ります。

 

50代になると日常生活が困難になり真剣に治し方を探し始める

 

50代に入ると違和感が常に痛みへと変化していきます。整形外科でレントゲンを撮ると軟骨がすり減っていますと言われたり、骨棘が出ているから痛いと言われたり、骨膿疱があるから痛いとか言われたりしますが、痛み止めと湿布を出されて様子を見ましょうと言われます。この年代は意外と忙しい方が多く仕事でも頼られ、家庭では介護などの仕事量が増えているため、痛みを我慢しながら生活しています。病院にも通う時間が取れず、とりあえず薬だけもらいに行くなどです。そして、左右に症状が出始める頃でもあるため、より生活が困難になります。当施設に来られる方で50代は手術をすすめられている方がほとんどで、このころになると真剣に予防を考えるようになります。本当は30代40代で考えてほしんですが、これは人間の共通する思考で切羽詰まると動き出すようです。

 

60代は左右の痛みが強くなり日常生活が困難になる。

 

60代になると左右の痛みが強くなり右の股関節が先に痛かったが今は左の股関節が痛いと訴える方が多くいます。こらは、右足の股関節が痛く左脚に頼るため左の股関節が痛くなります。左右の股関節に問題が起こるために生活は困難で歩き方が人から変な歩き方と指摘されます。足の長さも左右差が大きくなり横揺れして歩くようになります。このころはほとんど手術をすすめられますが、何とか手術をしないで回復させたいと願い股関節治療の有名なところを探していくようになります。この年代は回復も遅く股関節も硬くなり緩ますのに時間がかかります。時間はかかりますが根気よく正しいケア法を行っていけば必ず回復には向かいます。ただ足の長さの左右差は治りません。

 

70代になると自己ケアを進んでやろうと思う気持ちが少ない

 

70代になると自己ケアの考えが起きにくく、当施設に来られる方は、40代~60代に比べると子供たちに連れられて来られる方が多く、自己ケアをする気持ちが少なく「できるかな、覚えられるかな」と消極的な方が多いように思います。この年代まで放置に近い状態を簡単に回復させるのは難しいですが、あきらめず、本気で回復しようと頑張れば希望はあると思います。当施設を指導している股関節温存療法は年配の方にもできるようにプログラムしています。難しいことは行っていません。入念に行う気持ちさえあれば効果が出せるように作っています。ぜひ覚えて生涯にわたり継続してほしいです。

 

私から変形性股関節症で悩まれている方々にメッセージを送ります。

 

私が考案した股関節温存療法を覚えて悪化しないように予防してください。股関節が調整されると運動能力も上がり生活のパフォーマンスも上がります。当施設には本当に困った方々しか来ないため30代の方はすくない。しかし、50代60代の方々のお話を聞くと30代には前兆のような症状が現れています。例えば、グキッと外れる感じがあっていたかったがすぐに治ったとか、胡坐をかくと右と左の左右差があったとか、長く歩くと立つと違和感があったなど前兆があります。30代40代でケアしていけば悪化が防げて手術しなくても回復に向かうのです。そして、遺伝も関係していますので、娘さんが少しでもそのような症状を訴えたら股関節温存療法を進めてください。私は股関節で苦しむ方が少しでも減るように啓蒙していきます。

今までの連載で紹介した股関節温存療法の内容を手に入れて少しでもお役に立てれば幸いです。