大腿骨頭すべり症とは?

 この病気は、骨成長の最終段階に発症しやすく、徐々に時間をかけて慢性に経過する場合があることが知られています。

 

比較的めずらしい病気であるため、診断および治療が難しいなどの特徴をもっています。

 

外傷の影響がはっきりしていて、症状の出現時期が明らかな急性の経過をとる場合と、日常動作や比較的軽微な外力により骨端線が障害されて発症時期がはっきりせず、慢性の経過をたどる場合とがあります。

 

多くは、10代前半の男児に発生します。

 

ホルモンバランスが悪い肥満傾向の小児は骨端線の成長終了が遅れ、強度が弱い時期が長引いて、大腿骨頭すべり症が発生することがある。

 

股関節の近くの骨端線がずれて変形するため、痛みや関節の動きの異常、跛行(はこう:歩行の障害)が現れます。