弾発股とは

腸脛靭帯が大転子を通るときに起こります。大転子が少し外へ出っ張ると、腸脛靭帯が横切るときに音がきこえます。

 

繰り返されると炎症を起こして痛みます。

 

股関節の周りの筋肉や腱が股関節の骨に引っかかり、音がする症状を弾発股(だんぱつこ)といいます。

 

引っかかる時に音がすることからバネ股と呼ばれることもあります。

弾発股には、股関節のどの部分で引っかかりがあるかで、3種類に分けられます。


外側から音がするタイプ
腸脛靱帯が大腿骨の大転子に引っかかって音がします。股関節が外側上部にずれている人(お尻が大きい人)に多く発症します。


足の付け根から音がするタイプ
腸腰筋の腱が大腿骨骨頭上に引っかかって音がします。


内部から音がするタイプ
激しいスポーツなどで股関節を使いすぎて、軟骨が磨り減っていたり、変形性股関節症の人に多く、股関節の内部でガリガリと音がします。


初期は音や引っかかり感があるだけで痛みは無いことが多いですが、繰り返し骨と腱がこすれることで、引っかかっている部分が炎症を起こすと、痛みが起こります。


股関節が外れるような感覚がある、股関節に違和感がある、足を動かすと、お尻や足の付け根が痛い、 股関節の可動域が狭い、大きく動かすと痛いなどです。

 

原因
 股関節の歪み(無理なストレッチ)、激しいスポーツなど(陸上競技や格闘技、ジャンプをするスポーツ)、 運動不足で筋力が弱い、脱臼などの外傷、先天性股関節脱臼、先天性臼蓋不全、変形性股関節症などです。

筋肉が疲労することで緊張し、硬くなってしまっているのも原因の一つといえます。

 

参照 wikipedia