活性酸素は慢性炎症を引き起こす原因

活性酸素とは?

活性酸素は誰でも大なり小なり発生している。

活性酸素には2種類ある

過酸化脂質が重大な問題

体の中で活性酸素をなるべく発生しないことが健康につながる

活性酸素を減らすための生活習慣

 

タバコは百害あって一利なし

タバコの煙には活性酸素や、その発生を助長する有害物質が数多く含まれています。血液中に入ると、動脈硬化の原因となる酸化LDLをつくる原因ともなります。

 

アルコールは栄養はなく肝臓に負担

肝臓がアルコールを分解するときにも、活性酸素が発生します。飲む量の多い人、アルコールに弱い人は、とくに注意が必要です。

 

適度な運動は活性酸を抑える

激しい運動をすると呼吸量が急増し、活性酸素の発生を促します。反対にウォーキングや水中歩行程度の軽めの運動は、抗酸化酵素の働きを高め、体の酸化を抑えます。

 

ストレスは活性酸素を増やす

ストレスを受けると一時的に血液の流れが悪くなり、これが元に戻るときに活性酸素が発生します。これを繰り返すことで、酸化が促進されます。

 

日焼けしすぎると活性酸素が増える

紫外線に当たると、皮膚細胞でも活性酸素が生成され、シミやシワの原因となります。男性でも外出時は帽子をかぶる、日光に長時間当たらないなどの紫外線対策が必要です。