冨澤式痩せて治癒力アップする食事法

冨澤式痩せて治癒力アップする食事法は、体重管理指導(栄養食生活指導)のプログラムの中に含まれています。冨澤式痩せる運動法を合わせて行うことで効率的に効果的に目的達成させる食事法です。

 

なぜ痩せ(脂肪減らす)なくてはいけないのか?(股関節の痛みを抱える方は緊急性です)

脂肪は痛み(炎症)を引き起こす要因、脂肪の重さは関節に過剰な負担、炎症は慢性化すると健康な組織も破壊。

 

 

食事法の目的とは?

  1. 痩せて股関節にかかる体重負担を取り除く
  2. 体の中でくすぶっている慢性炎症を改善させ余計な炎症による骨破壊を押さえる
  3. 体の中から健康になり本来の元気で明るい自分を取り戻す

 

そして食事法の最大のポイントは、「太りやすい食品を排除して、逆に痩せやすい脂肪を燃焼しやすい食品を取り入れる」ことにあります。

 

この考えに至った理由は、「炎症を引き起こすものは体重を増やすが、炎症を抑えるものは体重を減らす」からです。

 

食事法のルール+骨スープ(骨スープの効果

  • 空腹感を日頃から感じる習慣を作る
  • 良い油を積極的に取り、悪い油を絶つ
  • 糖質・炭水化物は極力少なくする
  • 高たんぱくな栄養を考えた食事をする
  • カフェイン・アルコールを控える
  • 甘いもの・間食をやめる
  • ※中級者は午前中断食(水又は骨スープ又は青汁のみ)
  • ※上級者は週1回~2回断食を行う(水又は骨スープ又は青汁のみ)

そして+アルファを骨スープを!

 

冨澤式痩せる食事法から心を強くすることを学ぶ

 

人間は弱い生き物です。習慣を変えることはとても難しく失敗を繰り返すかもしれません。しかし、心配はいりません。人間は弱い生き物という大前提を知っていればよいのです。諦めるのとは違い知るとは認識するといううことで認識できない事は変えようがないからです。人は認識したことしか変えられない。

 

だから、失敗したら自分を責めるのでなく「また挑戦しよう」と切り替えることが大切です。失敗は人間の恒常性機能だから安心安全の場所に戻りたがるものなんです。変わろうとすると不安になり恒常性機能が働き元の自分に戻そうとする力が働きます。

 

しかし、人間は強いのです。そのように生き延びてきました。何度失敗しても「次、次、次・・・」と成功するまで挑戦ができるのです。誰も挑戦するなと強制的に止めることは出来ません。自分を止めるのは自分なんです。(メリーポピンズの言葉)

 

勇気を出すだけ、勇気を出して1歩を踏み出すだけです。目標(夢)理想の姿を見つめて!