骨スープの効果

骨スープ(ボーンブロス)とは、鶏や牛、魚などを骨付きで煮込んだスープです。日本は昔から煮干しや昆布などから出汁をとり栄養素を取り入れてきた。

同じように骨スープ(ボーンブロス)は食材からビタミン、ミネラル、アミノ酸やコラーゲンなどの栄養素を豊富に含んだスープです。

 

骨スープ(ボーンブロス)の5つの効果効能

 

①【関節に必要な軟骨成分の働き】

関節に必要なヒアルロン酸・グルコサミン・コンドロイチン硫酸が豊富に含まれていて、関節の保護に有効です。

 

②【腸の修復促進グルタミン】

不調の原因として「リーキーガット症候群(腸もれ)」がある。腸もれとは炎症により腸に隙間ができ、そこから細菌や毒素が漏れてしまう疾患です。

リーキーガット症候群(腸もれ)の原因は、生活習慣の乱れや、糖質の過剰摂取、食品添加物、農薬、薬品などあるが複合的にある。

骨スープ(ボーンブロス)に入っているグルタミンというアミノ酸が腸の隙間を修復してくれます。

 

③【腸の粘膜の炎症を抑える作用】

肝臓の解毒能力を高めるグリシンというアミノ酸もスープの中には入っている。グリシンは腸もれによって出てしまった毒素の処理する働きがあり、腸の粘膜の炎症を抑える作用もあります。腸に隙間があると血糖値を下げるインスリンが過剰に分泌され、脂肪を多く蓄えるようになって太りやすくなります。腸の炎症が治ればインスリンの分泌が正常になり、肥満防止になります。

 

④【コラーゲン効果で若返り】

骨スープ(ボーンブロス)にはコラーゲンが豊富に含まれてハリや潤いのある肌やシミ、シワ、たるみなどを予防することが期待できます。

 

⑤【ミネラルによって体内機能を整える】

カルシウム・マグネシウム・リンなど体の機能を調節するミネラルがスープに豊富に入っている。イライラを抑え血糖や血圧を調節する。化学物質を解毒する機能を促してくれます。

 

骨スープ(ボーンブロス)を推進する理由は!

 

人類は狩猟で得た肉を食べ残った骨を煮込むことで、貴重な栄養素を摂取してきた。医学の父と言われるピポクラテスは治療食として用いていた。(骨スープで楽々痩せる!病気が治る!より)

 

  • 健康の源(病気不調の根源)である腸のトラブルを改善する。
  • 美容やダイエットにも大効果がある。
  • 医師も認め飲んでいる。
  • アミノ酸やミネラル・ビタミン・カルシウム・コラーゲンが豊富。
  • コツコツ野菜と煮込むだけの簡単調理で手間いらず。
  • 肌・髪・爪・関節にまで効く。
  • 脂肪燃焼、むくみ解消効果がすごい。
  • 腸を改善して美肌に。
  • 糖尿病と肥満改善に効く。

 

現代人は腸も調子が良くない方が多い

 

腸は免疫細胞の約7割が集中している重要な臓器です。腸が悪いと栄養吸収ができない、毒素排出ができずにさまざまな病気が起こります。

腸の問題で問題になっているのは「リーキーガット症候群」です。リーキーは「漏れ」、ガットは「腸」を意味して字のごとく腸漏れ症候群です。

腸に炎症が起こると粘膜に隙間ができて、そこから細菌や毒素、未消化のたんぱく質などが腸の外へ漏れる。腸から漏れた物質は異物とみなされて、免疫反応が起こり排除しようとします。その結果アレルギー疾患・花粉症・アトピー性皮膚炎が生じる。全身に漏れた物質は、あちこちで炎症を引き起こし慢性化してと糖尿病・肥満・アレルギー・鬱・ガン・生活習慣病など引き起こし、慢性疲労・倦怠感なども起こる。

 

腸漏れの原因は?

 

不調などある方は程度の差があれ、腸漏れがある可能性。

  • 小麦成分に含まれるグルテン、乳製品に含まれるカイゼンなどのたんぱく質
  • 糖質の過剰摂取
  • 食品添加物
  • 化学物質
  • ストレス
  • 寝不足
  • アルコール
  • 環境ホルモン

 

炎症を速やかに引かすことが変形性股関節症の悪化させない3つポイント

 

炎症が長く続くと慢性炎症となり健康な組織まで破壊されてしまうため炎症は速やかな引かなくてはなりませんが、変形性股関節症の方は炎症が股関節にくすぶり慢性炎症に移行しています。この原因には体重による負担動きすぎることによる炎症の繰り返し、そして体の中の健康状態にあります。

変形性股関節症を悪化させない3つのポイントは、①体重を減らして関節にかかる負担を取り除く、②炎症期は少し安静にして炎症を助長させない、③体の中(腸)から治癒力を引き出し炎症を速やかに抑えることです。その解決の方法は腸の健康が不可欠です。

 

①関節にかかる体重負担の軽減

体重(=脂肪)を減らして股関節にかかる負担を取り除くこと、脂肪細胞は炎症を促す作用があるので脂肪が多いほど炎症が抑えにくいので慢性炎症へ移行します。体重を減らすという事は脂肪を減らすことですから、代謝が良くならなくてはいけません。代謝を増やすのは体の中が健康にならなくてはいけません。健康になるには腸を健康にしなくてはならないのです。悪玉菌は太らせ、善玉菌は痩せさせる。(3㌔~5㌔痩せるとだいぶ痛みが違います)

 

②炎症(痛い)時は無理に動きすぎないことが肝心

股関節の痛みがあるときに早く治そうとして刺激の強い運動体操をして逆に痛くなる方がいます。これも炎症を長引かせて慢性炎症に移行するきっかけになります。巷で紹介されている運動法は意外と刺激が強く変形性股関節症の方にはすこし向いていないようです。仕事などでどうしても動かないとならない方もいます。そんな方は炎症も引きにくいです。やっぱり安静が良いのですが、適度に動かすことも必要で当施設で指導している「※股関節整体法」を学び自己ケアに励んでください。そして炎症が強く出ている方に関しては「※冨澤式股関節晒固定法」を行ってください。

※冨澤式股関節整体法の詳細はこちら

※冨澤式股関節晒固定法の詳細はこちら

 

体の中(腸)から治癒力を引き出し炎症を速やかに回復させる

腸は免疫細胞の7割を集中している臓器と言いました。体を回復させ働きの7割は腸にあるという事です。炎症を速やかに抑えて組織を回復させるには腸がしっかり働いていないといけないという事ですよね。肥満細胞を減らすことが炎症を無駄に引き起こさないこと、腸の環境を良くして善玉菌を増やし痩せやすい体にすること、腸壁の状態を良くして細菌や毒素・未消化のたんぱく質を漏らさないようにして炎症反応を増やさないなど体の中からできることも回復を早める。

 

骨スープで楽々やせる! 病気が治る! (鶏や魚を煮込むだけ! 高血圧、糖尿病、アトピーを撃退!)★お薦め★

★現代人に不足する多くの栄養素を補える「飲む万能薬」「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込でだしを取ったスープのことです。骨を煮出すことで抽出された栄養素が、腸を修復して、近年増え続けている腸のトラブル「腸もれ(リーキーガット症候群)」を改善し、さまざまな不調や病気を快方に導きます。美容・ダイエット効果も抜群と、大絶賛されているのです。実際、「血糖値、血圧が下がった」「アトピーが改善して肌がキレイになった」

「楽々やせた」など、その確かな効果が、多数報告されています。本書では、さまざまな骨スープの作り方をはじめ、驚きの体験談まで、たっぷりとご紹介!医師たちも飲んでいる骨スープを、ぜひお試しください!Amazon購入はこちら


3週間で身体と心が劇的に変わる 最強「ボーンブロス(骨スープ)」食事術

グウィネス・パルトロウやコービー・ブライアントも愛飲。全米で大流行のボーンブロス(骨スープ)食事法がいよいよ日本上陸! 鶏や魚の骨を煮出してとるスープは、昔から親しまれてきた料理だが、ここ数年、コラーゲン、ゼラチン、ビタミン、ミネラル、グルコサミン、アミノ酸など豊富な栄養素を含むボーンブロスとして、アメリカで注目されている。

ゼラチンは腸の粘膜を強化するため腸活に効果的であり、グルコサミンは抗炎化作用や関節を強化する作用があるなど、体の不調を改善する栄養素が多い。また、スープとして味わい深く、1杯で満腹感が得られる。著者は、このボーンブロスを中心とした3週間の食事プログラムを作り出した。週に2日のプチ断食日にボーンブロスを飲み、残りの日は、厳選したOK食品を使った料理をおなかいっぱい食べるというものだ。今までのプチ断食につきものだった空腹感との闘いとは無縁で、続けていくうちに腸の炎症を抑えられ、脂肪が燃焼しやすい体に変わっていく。現代人にぴったりの画期的食事法だ! 

◎ボーンブロス2種(鶏、魚)に加えてOK食品を使ったレシピ計100点近くを掲載。

◎フィットネス・プログラムの考案者として著書・DVDを多数だしているキャシー・スミスによる、本書読者のための「脂肪撃退ウォーキング」を紹介。

(原題『Dr.Kellyann's Bone Broth Diet』)

【著者プロフィール】

ケリアン・ペトルッチ(Kellyann Petrucci)

自然療法医。ミシガン州バーミンガムで開業医として活躍する。自然療法の認定専門医であり、栄養士の資格を持つコンサルタントでもある。ロサンゼルスやニューヨークのセレブたちの顧問医(コンシェルジュドクター)も務める。本書で提唱するボーンブロス・ダイエットは、テレビの特別番組『21 Days to a Slimmer Younger You(21日間でよりスリムに、より若々しく)』でも紹介された。また『ザ・ドクターズ』や『ドクター・オズ・ショー』などのテレビ番組や全国ネットのニュース番組などにもゲストとしてたびたび出演している。スイスのパラケルスス・クリニックでバイオロジカル療法医の資格を取得した数少ないアメリカ人医師の1人である。ペンシルベニア州バックス郡在住。

Amazon購入はこちら