当院では売上金の一部を下記非営利団体へ寄付し活動を支援しております。1日でも早い世界中の方の心の平安をお祈りします。
[支援先:日本UNHCR協会NPOペット里親会特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン]

 

股関節の痛み(変形性股関節症)

本気でお悩みの方へ(本気で伝えたい)

 

私が行っていることは、「手術しても」「手術しなくても」絶対に必要なことです。

 

病院の放置

悪化したら手術しましょう。??

 

病院で手術を進める理由に、先生自体が手術をしてキャリアを積みたいと理由があるかも?私が先生なら手術も経験ですからキャリアを積みたいと思うかも?(手術を全否定しているわけではないのです。)

 

詳しくはこちら

 

貴方の貴重な時間!

お金を無駄にしないで!

 

あなたは、今の施術院に週1回・週2回、3箇月・半年・1年と通い続けますか?

貴方の貴重な時間・お金を無駄にしないでください。

 

通わせない自立へ

3回の施術と指導が好評

 

現在のあなたの股関節の状態を知り、何をしなくてはいけないのを知り、何を努力すればいいかを知り、時間と労力を無駄にしない。

「週2回来てください」と通わせない自立させます。

 

私は手術しても、手術しなくても絶対に必要なことを教えます。

 

色々な治療をしてきた方々が

「本当に来てよかった」

「もっと早く来ればよかった」 

 

某有名な○○施術、地元の股関節専門整体を受けた。色々な股関節改善プログラムを受けた。DVDをたくさん購入した。色々な方々が来ています。みなさんが言います。「本当に来てよかった」「もっと早く来ればよかった」これが事実です。

例えば、九州から女性で最後の日「先生、思い切って来てよかった^^握手してください。」これがうれしくて仕事しています。

 

股関節の痛み整体以上に

私がやらなくてはいけないこと

予防法の普及

 

 

変形性股関節症になる前に予防する方法を伝えていくことが、残された時間でやるべきことであると感じた。荷重関節として重力のストレスを受けている股関節は、女性のO脚(がに股)の歪みと合わさって進行する。この歪みを予防できれば股関節で苦しむ人がいなくなると。(男性にも言えます)

 

本当に注意してください。

「歩き方・階段の降り方に注意してください」

「寝かたに注意してください」

 

  • 歩き方は歩幅を狭くして歩く際の衝撃が強くならないように注意です。
  • 階段も降りるときに静かに注意。
  • 寝るときは痛い方を下にしないように注意。
  • 座り方は痛い方に体重が乗りすぎないように注意。
  • 座り方でソファーのように沈む椅子
  • 股関節が90度以上深く曲がる座り方

 

巷の運動法など注意してください。

「症状により使い分けが大事」

「運動法のスタートはタイミング」

 

  • テレビでやっていた運動法をやったら痛くなった。
  • 整形で筋トレを行ったら痛くなった
  • 雑誌に書いてあるストレッチをやったら痛くなった。
  • 整体院で教わった整体法をしたら痛くなった。

 

痛みがないとき

その時が改善のチャンス

 

良く予約して痛みが引いたので様子見ます。というう人がいますが、痛みがあるときはもちろん来るべきですが、痛みが引いているときこそ来るべき時チャンスなのです。

 

当施設の3つアプローチ

 

股関節整体法は痛みに対する「疼痛除去」をメインに動きを改善する「可動域増大」と「筋力強化」に特化した股関節整体法です。

 

股関節の改善は、「痛み」と「拘縮」と「筋肉強化」の3つの改善が必要で、痛みに対してのアプローチと拘縮のアプローチ・筋力アプローチは方法が違います。

※拘縮とは?

 

変形性股関節の新プログラム完成

 

※通常は疼痛改善の股関節整体法のみですが、徹底的に改善したいという声が多かったので、井上先生の考案(ジグリング:貧乏ゆすり)の軟骨再生法と体重が股関節を破壊する体重管理指導を別途有料で追加して希望者のみ実施します。

 

 

股関節のゴールデンプログラム

 

  1. 痛みコントロール(股関節整体法)詳しくはこちら
  2. 体重管理(過荷重関節破壊改善)詳しくはこちら
  3. 軟骨再生(貧乏ゆすり)詳しくはこちら

 

上記のプログラムは、手術したくない方々の希望により作りました!

 

  • 痛みのない生活がいした。
  • 軟骨再生させたい。
  • 先生から強く言われる体重を減らしたい。

そんな方々に向けたトータルケアプログラムです。

 

心安全な調整法

 

すべて手技による方法です。安心・安全がモットーの股関節調整法です。

  1. 可動域を安全に増やす
  2. 筋肉を安全に増やす
  3. 疼痛除去させる。(股関節に血流を集める方法)

 

当施設の特徴は?

 

あなたの現在の状態を知り、どこを改善させるか焦点を絞り、目標設定をします。そして目標達成するには何をすればよいか明確にして、二人三脚で股関節の改善に立ち向かいます。

 

予約はこちら

 

股関節を痛めている方が本当に知りたいこと!

 

  1. 何をすればよいか?
  2. どうすればよいか?
  3. どのくらいすればよいか?

これらがわかるだけでも気分は楽になり目的目標が明確になり、この不安心配から解放されれば股関節を改善させようというモチベーションが継続します。

 

「継続は力なり」

 

すべての股関節(変形性股関節)で

悩む方に知ってほしいこと!

 

「痛み=疼痛」と「関節の動きの悪さ=拘縮」は施術方法が異なること、一概に股関節の痛みと言っても、状態により施術方法が違います。

 

  • マッサージをすれば治る。
  • 動かせば治る。
  • 筋肉をつければ治る。

 

どれも間違いではないのですが、股関節の状態で対処する方法が変わります。

 

大切なのは「現在の股関節の状態」はどの状態であるのかを把握すること、そして、今現在の状態にはどの方法が必要かを導き、最適な方法で対応することです。

 

あなたの股関節の状態はどうなっていますか?

 

「痛み=疼痛」と「関節の動きの悪さ=拘縮」で導き出す最適な施術方法が大事といいましたが、どのように分類すればよいか?

 

痛みはどの分類でも起こります。だから疼痛除去の施術法はどの分類にも適用です。しかし拘縮は程度があり軽度・中等度・重度で分類する必要があります。

 

  • 拘縮軽度:股関節正常可動域(屈曲・外転:外旋・内転:内旋・伸展)はある。
  • 拘縮中等度:股関節正常可動域がない。重度と違い片脚づつ動かせるが関節が固まり動く範囲が少ない。脚を曲げても腰が反ることが少なく腰が反らない。
  • 拘縮重度:股関節正常可動域がない。脚自体が閉じれない、股関節を曲げようとすると腰(骨盤)も反る。片脚を曲げると反対の脚も曲がる。

 

※レントゲンなどでみる骨変形の度合と一致しません。変形は末期と言われも動きがある方もいます。痛みについても同じです。

 

病院ではどのように分類されているか?

 

変形性股関節症は一次性・二次性があります。

 

  • 一次性股関節症:原因が明らかでないものをいい、欧米ではほとんどがこのタイプです。
  • 二次性股関節症:先天性股関節脱臼や※臼蓋形成不全、外傷や感染症などに続発するものです。

 

日本は、臼蓋形成不全や先天性股関節脱臼に起因する二次性股関節症が大半で、多くは女性です。

 

変形性股関節症は、関節軟骨の摩耗や変性から進み、関節の変形が進む病気。軟骨の摩耗・変性は、性別・肥満・人種・加齢、遺伝などの素因があり、労働や運動・外傷などの力学的負荷が起因で発生。

 

軟骨細胞の代謝障害が起き、軟骨の破壊が進行するとともに、滑膜炎が起きて関節に水がたまったり骨破壊も起こる。

 

前股関節症→初期→進行期→末期へと進行します。

 

臼蓋形成不全(股関節の屋根が浅い)

 

変形性股関節症と臼蓋形成不全の違い

 

 

思い切って遠くからでも来たときの利点は!

 

遠方から来られた方で、泊り施術後に大宮・川越・浦和など観光して帰られる方もいます。泊りの良い点は、日常のストレスから解放されて集中できて治る力が高まるこ!(あくまでも重度の症状以外の場合です。)

宿泊施設を用意しています。

 

あきらめないで!目標を持ち強い気持ちで立ち向かいましょう。

旅行に行きたい、運動したい、もっと仕事したい・・・・・。

あきらめたら治りません。

 

あなたは、股関節を痛くなる前に腰・膝・背中・首・手肩などの一ヶ所でも痛みが先に起こりませんでしたか?それは、バランスの崩れを意味します。

 

施術を先延ばしにする方がへ

 

先延ばしは状態を悪くする原因です。一刻も早く来てください。必ず私が痛みを軽くします。

 

初回の施術でこんなことが起こります。

 

痛く歩けなかった痛みが、歩いて帰れる!「うそでしょ^^。患者さんの声」

 

3回の指導と整体後に

こんなことが起こります。

 

可動域・コキコキ動く痛み・歩くのが痛い・自転車が漕げる・・・が良くなる。

努力した患者さんは、簡単4つのストレッチ。

 

簡単3つの筋トレ・極秘部分を3回後、継続してくれて本当によくなり※股関節の状態が軽中等度の場合により

 

患者さんの一言が印象的!

 

こんなに股関節を集中してやってくれるところ初めてです。なんで病院は股関節が痛いのに股関節を集中してやってくれないんだろう?

 

股関節が悪くなる

メカニズムは共通している!

 

股関節が悪くなるメカニズムは、股関節まわりの筋肉の過緊張が継続することで筋肉が疲労を起こして弱体化します。

 

すると股関節を守る筋肉が働かない為、股関節が外に逃げようとするため、内側の筋肉ががんばり緊張します。(証拠に内側の筋肉を押すとすごく痛い)

 

臀筋と内転筋のバランスが崩れて股関節の不安定性ができ長期放置すると変形へと進みます。

 

この悪循環を断つために

以下の事を行います。

 

  • 簡単な3つの筋肉調整法
  • 簡単な4つの可動域調整法
  • 股関節整体法の疼痛除去法

 

この最大の目的と効果は、「すべて股関節に集中して血流を集め、血流が集まれば栄養が股関節に運ばれ、治癒力がスピードアップ」します。これが股関節整体法の特徴です。

 

すると、施術を終わると

「みなさんが」言います。

 

  • すごく楽なった
  • 足に力が入るようになった
  • 階段の上り下りが楽ななった
  • 寝ていても痛みがないので熟睡できるようになった
  • 長く歩いても痛みがなくなった
  • 股関節がコキコキ言わなくなった。

 

など、喜びの声が聴けます。

 

股関節の痛みと言っても大きく2種類に分けられる。

 

1.可動域があるか?

2.可動域がないか?

 

1.可動域がある場合は、冨澤式を導入していくが、2.可動域がない場合は、冨澤式を導入する前に、可動域を正常にすることから始めなければならないため、個々に合わせた安全で無理のない独自の整体と指導を行います。

 

1.可動域がある。→冨澤式導入

2.可動域がない。→可動域を増やす整体と指導→冨澤式導入

 

どちらも、痛みに対しては早く改善させるため喜ばれます。

 

股関節の改善のための「目標設定があり計画性ある方法」

 

個々のステージ(状態)で、目標を明確にして、一つ一つ階段を上るように改善していく楽しみを味わってください。

 

私にあなたの股関節を調整させてください。必ず良い結果を出します。

 

ネットで予約はこちら

 

多くの整体院の中から当院を選んでくれてありがとうございます。感謝いたします。最善の努力で施術して、必ず結果を出します。

 

当院は【股関節専門】施術法が好評で、【3回の来院】で改善に導く方向を【整体・運動・指導】の独自療法を行ってます。【どこ行っても・何しても】治らない痛みを改善に特化した【駆け込み寺】的存在。【本気で治したい】と悩んでいる方に【本気で治す】施術をします。来院していないときも【メールや電話】で症状のやり取りをして、あなたと私で【二人三脚】力を合わせて改善させています。

※3回で改善ではなく、あくまでも改善に導く方法を導き出すことにあります。すなわち股関節を改善させる計画が立てられること、これが股関節の方には重要で大事なことです。「何をすればよいか?どうすればよいか?どのくらいすればよいか?」これらがわかるだけでも気分は楽になり目的目標が明確になり、股関節を改善させようというモチベーションが継続します。

 

整体師は頼ってきた方々に、希望と感動を与えられる「技」と「人間性」を磨かなくてはいけない。本気で与えられた仕事を極めなくてはいけない。仕事は人の役に立ち人に喜ばれなくてはいけない。自己満足は悪であり、満足したら成長は止まる。今日より明日、明日より明後日、成長してなくてはいけない。そのためには学び続けること、学びに終わりはない。貪欲に好奇心をもって生きるんだ。

 

初心忘れべからず、生きている意味を考えろ、やるべき事は決まっている。

 

「初心」の画像検索結果「初心」の画像検索結果

 

私が行っていることは、「手術しても」「手術しなくても」絶対に必要なことです。

 

 

「継続は力なり」

 

股関節改善に大事なことは3つ!

 

①何をすればよいか?を知る

②どうすればよいか?を知る

③どのくらいやればよいか?を知る

 

そのために、「今のあなたの股関節の状態」どのくらい悪くなっているのかを把握しなくてはいけません。レントゲンで骨の変形度合も必要ですが、股関節の動きの評価も大事です。

 

股関節の変形度合と動きの評価は一致しないため、二つの方向から観察していくことが大事です。(動きの評価とは股関節の拘縮の度合)

 

まずは、3回(3週間以内)の施術計画から

 

1(ワン)→2(ツゥー)→3(スリー) 123

 

1)1回目:疼痛改善整体と指導:炎症=痛み を素早く改善で痛みから解放

2)2回目:動きの改善整体と指導:股関節筋肉群の刺激と運動法指導

3)3回目:筋力の改善整体と指導:自立(股関節改善を自宅で行うための指導)

 

股関節改善計画の状態別の評価

 

①拘縮軽度(痛いが股関節の動く範囲に制限は少ない)

②拘縮中等度(痛いと股関節の動く範囲に制限がある)

③拘縮重度(痛いと股関節の動く範囲に制限が強くある)

 

※あくまでも目安のため具体的な状態は観察しながらご指導します。

※この評価は変形度合でなく、動きの評価です。

※3回の施術終了後は、御相談しながら定期的に見て次のレベルアップ指導に進みます。

 

施術後、楽になった身体で、彩の国さいたまを観光してください。

 

宿泊施設もご利用ください。

 

予約はこちら

 

 

遠方・全国から来院されています。

 

遠方からの方こんなスケジュールでは?

2泊三日、来るときに1回目治療して、2回目次の日に、そして帰るときに3日目治療する。効果が高く効率的でお勧めします。

 

宿泊施設もご利用ください。

 

遠方から泊りで連続受けて効果に喜ばれて「大宮を観光して楽しんで」いただいてます。

 

遠方から来られた方で、泊り施術後に大宮・川越・浦和など観光して帰られるかたもいます。

 

泊りの良い点は、日常のストレスから解放されて集中できて治る力が高まるこ!(あくまでも重度の症状以外の場合です。)

 

当院に股関節で悩む、多くの方が来院されます。北は北海道から南は沖縄と、実感するのは、痛みを早く取ってほしいと真剣に思う方々です。

 

痛みの本質を知ってほしい、今の痛みは変形しているから痛いたのでなく炎症を起こしているから痛いのです。

 

股関節でも膝でも変形していても痛みがない方がいる事実を知ってほしい。

手術以外に、この炎症を取る方法があることを知ってほしい。

 

遠方から来るメリット

 

  • 当院の方法は効果が高いため、皆様に喜ばれています。
  • 今後、自分で股関節のケアができるように丁寧にご指導します
  • 他に通うことがなくなり時間とお金を使わなく、自分の楽しみに使えます

 

 

手術について

 

股関節の手術について悪いとは思いません。選択肢の一つとして合ってもよいかと思います。

 

ただ手術してもしなくてもやらなくてはいけないことがあります。ある程度の可動域と筋力です。私は、この二つを指導していきます。

 

色々な雑誌で股関節が取り上げられていますね。

 

軟骨が再生する。変形は治る。いや治らない・・・など混乱する情報が数多く、何が良くて何が悪いのかを判断するのが難しいですね。

 

 

ただ言えることは、「人間には再生する力がある」ことです。股関節に良い環境(位置)を作り出せれば希望が持てます。

 

股関節痛と歩き方にも注意が必要

 

ズバリ!大股歩きは絶対ダメです。歩幅は狭くしてバランス良く歩くことが大切。股関節痛の方は横揺れ、脚の筋肉が弱りフラフラしやすいため、正しい歩き方を知ることが必要です。

 

 

詳しくは→正しい歩き方

 

改善計画を練り無駄のない努力をしてほしい

 

現在の状態を知り、何をしなくてはいけないか知り、目標を立てて努力する。

 

 

>>改善計画の内容

 

自分の弱いところを補う知恵が絶対に必要

 

先天性の股関節に問題がる方へ、提案します。先天性を持っている方は普通の方よりも変形性した股関節になるリスクは高いため、そのリスクを補う方法を知らなくてはいけません。その方法は(当院)ここにあります。

 

その方法を知るだけでも将来の不安がなくなり希望をもって生活ができるのです。

 

股関節の痛みの原因

股関節が外にずれて、間が狭まり立つ歩く動作で摩擦で炎症・変形になります。

股関節が外に逃げる理由

  • 先天性の臼蓋不全など
  • 股関節安定筋群の低下
  • 歩き方などの(横揺れが大きいなど)

股関節の痛みに対してやってはいけないこと!

 

  • 自己流で開く動作のストレッチ
  • 温めすぎる(熱いお風呂に入る・ホッカイロを当てる)
  • TV雑誌などで良いと言われる運動法のやりすぎ

絶対にやらないようにしてください。(逆に痛くして来院されます)

※すべてが悪いのでなく症状により使い分ける知識が必要です。

 

 

改善するためにやらなくてはいけないこと

 

  • 股関節が外に逃げる(ズレ)を逃げにように安定させて生活する
  • 股関節を安定させるための筋群を鍛える
  • 正しい歩き方(足指に使い方・重心の位置)を知る

 

 

この整体法を受けることでメリット

 

  1. 3回の来院で股関節を改善するための方法が導き出せる。
  2. 根本原因アプローチなため確実に改善できること
  3. 自分で股関節を治していく方法を知って継続していけること
  4. 普通の生活に支障なく面倒なことはしないで改善していくこと
  5. 何よりも股関節に時間とお金をかけずにできること。

 

股関節改善に大事なことは3つ!

 

①何をすればよいか?を知る

②どうすればよいか?を知る

③どのくらいやればよいか?を知る

 

そのために、「今のあなたの股関節の状態」どのくらい悪くなっているのかを把握しなくてはいけません。レントゲンで骨の変形度合も必要ですが、股関節の動きの評価も大事です。

 

股関節の変形度合と動きの評価は一致しないため、二つの方向から観察していくことが大事です。(動きの評価とは股関節の拘縮の度合)

 

股関節の痛みに対する現状に問題

 

股関節は病院へ行っても経過を見ましょうと(放置?経過観察?)されます。特に何もしてくれません。

 

そのため1年経過・・・10年経過とひどくなり【手術】しましょう。したほうがが良いとなります。やれることはあります。

 

出来るだけ早く来て本当の改善法を知ってほしいと願います。

 

こんな悩みありませんか?

 

  • 整体に通っているが行った時はいいが、すぐに戻る
  • 整体に行く時間がない
  • 整体に行くお金が心配
  • 一向に治らない
  • 完治したいが普通の整体では治らない

 

通わせない自分で治す整体法を指導。手術を考える前に!一度試してみてくださいね

 

股関節の痛み!こんな方へお勧めします。

 

  • 階段の上り下りのときに股関節が”ズキン”と痛い
  • 寝返りするときに股関節が“ピリッ”と痛い
  • しゃがむときに股関節が痛む
  • 歩くときに股関節が痛い
  • 椅子に座っているときに”ズーン”と嫌な痛み
  • 長く立つと腰から股関節あたりに痛みが起こる
  • 靴下を履くときに股関節が曲がらない痛い
  • 歩行時に股関節(脚の付け根)にズキンと痛みが走る

 

 

もっと多くの方に知ってほしい。早く多くの方に伝えたい。

 

目標があるから立ち向かえる「股関節改善プログラム」希望の整体法

 

股関節の痛み9割は改善しました。

階段を上るのもできず股関節の痛みが辛く困っていました。この整体法を試して9割は改善しています。

階段も普通に上れるようになっています。まだ3回しか通っていないのにびっくりです。

 

歩くことができず杖を使い這うように来ましたが、今は普通に歩ける。

本当によくなりました。先生の言ううことを聴くのが一番良かったです。年末は安心して暮らせます。

この整体法は簡単で私にもできるので、覚えてよかったです。

股関節から足の痛みがあり有名な先生に診てもらったのですが治らず、ネットで調べてきました。次の日には痛みが改善して9割改善しています。本当に簡単な整体法で最初は信じられなかったのですが、治りうれしいです。

 

 

岩手 女性 50代 事務系

歩くのがすごく楽になりました。すこし痛みはありますが、全然違います。希望の光が見えました。ありがとうございます。

 

福岡 女性 60代 自営

杖に力が入り歩いていて腕が痛くなりました。でも来院してから杖に力が入らないで歩けるので杖がいらないかなと・・。本当に楽になりました。

 

秋田 女性 50代 会社役員

股関節に痛みで夜も眠れない日が続き憂鬱で、翌日からよく寝るれてうれしいです。歩くとき少し痛みはありますが8割は治っています。感謝しています。

 

兵庫 女性 60代 主婦

電話やメールでのサポートをしてくれるので心配・不安なときに相談に乗ってくれるので安心できます。^^

 

東京 女性 40代 看護師

最初は疑っていました。3回で・・と、でも今は来てよかったと思っています。感謝です。^^

 

静岡 女性 30代 医療系

痛くて眠れなかった日々が、うそのようになくなり熟睡できます。本当に来てよかった。^^

 

神奈川 男性 30代 格闘技

この方法に出会ってよかった!早く来ればよかったと思います。

 

埼玉 男性 20代 会社員

もう手術しかないと覚悟していましたが、今はこの方法で頑張ってみようと思っています。

 

メールにてお礼の言葉届いてます。遠方の方 

 

2度目の施術から一週間経ちました。施術後は本当に体も足取りも軽やかで帰る事ができました。あれから毎日、お風呂上がりに必ずストレッチしております。多少の痛みは残るもののしゃがむ事が気にならないくらいになりままだ開脚は引っ掛かる事が多く、それでも可動域は少し広く出来る様になり、すんなりまではまだまだ時間かかりそうです。面白いように開くので何でもない左足の付け根が痛くなったりしました。無理は禁物ですね(笑)たった2回で?と半信半疑でしたが、1ヶ月前の痛みと比べたら効果は絶大です。このように、先生の施術に巡りあえて良かったと思っています。完全に良くなるまで、お付き合いさせて下さいね。また、お気づきの所があったらアドバイスお願いします。先生も体に気をつけて頑張ってくださいね。本当にありがとうございました。

 

またメールを頂きました^^北関東方面から

 

花見しながらウォーキングしたり、アップダウンのある公園でウォーキングしたりしてます。時間にしては2時間程度、8000歩くらい。それでも痛くなることはありません。ここでも先生のメソッドが活きてます。そんな中、今日の田植えで緊張しましたが、痛くなることはありませんでした。自分なりに動いて、無理な体勢を作らなかったことも幸いし、筋肉痛も感じませんでした。要は足腰がきっちりと柔軟性が出来ていると思ってます。更にレベルをあげていきたいです。もっと動きに負けない強い股関節を作りたいですね。本当に先生のメソッドがパンチ効いていますよ。あのまま施術してなかったら、きっと歩けなくなって手術することになってたんだろうと思うと、考えるだけでも悪寒します。本当に良かったです。動ける喜びはこの上ない喜びですもの。また相談にのってくださいませ。

 

変形性の股関節の質問
変形性の股関節の質問

 

Q:病院でレントゲンを撮ったら、変形性した股関節と言われ、手術と言われました。そんな状態でも、そちらで治療はできますか?

A:はい、大丈夫です。当施設では手術してもしなくても必要なやらなくてはならないことを指導しながら痛みをなくす施術をしています。特に手術前に来院してほしいと願います。

 

Q:変形性した股関節と言われてから、10年以上経ちます。色々な方法を試して何件も行きましたが、一向に良くならずに、どんどんひどくなりました。そちらで改善できますか?

A:はい、改善させます。当施設の効果は痛みを取り除くことに優れているため、施術後はみなさん『すごく楽になった』と喜ばれています。それだけでなく、今以上に悪化させない、どんどん良くしていくための、オリジナルの冨澤式メソッドを同時に指導します。冨澤式メソッドは沢山の股関節の痛みを施術する実践から生まれたメソッドで効果重視で考えたものです。早く股関節の痛みで悩まれている方々に伝えたいです。

 

Q:住んでいるところが遠くて通うことができないのですが、どうしても痛みが取りたくて施術を受けたいのですが、何か良い方法はありますか?

A:山形や九州など遠くの方から電話で問合せがあります。遠くからでも来院していただきたいため提案があります。2泊3日の施術です。来る日に一回目の施術して帰る日に二回目の治療、3回目の治療後帰宅をする提案です。これなら効果も高く効率的で皆様に喜ばれています。

 

Q:変形した股関節で病院に通ってリハビリを2年以上受けていますが、一向に良くならず、最初は軽度と言われていたのに、最近レントゲンを撮ったら悪化してしているから手術したほうが良いと言われました。私としては通っていたのに悪化する理由がわからず混乱しています。今まで先生は何をしていたのでしょうか?批判するつもりはないのですが納得ができないため落ち込んでいます。どうすればよいのですか?

A:このような方は多いと思います。私なら先生に抗議もするかもしれません。触ったり動かしもしないで診察が終わり経過観察しているようです。これは、放置状態に近いと思います。もしくは病院では変形性股関節は手術を視野にタイミングを見ているような気がします。(そうは思いたくないですが)。仮に手術が必要でも何かやることがあると思います。当施設では手術してもしなくても、変形した股関節にやっておいたほうが良いことを指導します。それは、筋肉を弱らせないことと動く範囲を狭くしにいこと、この二つは必要なことです。そして私ができることは、多くの変形した股関節を見てきて痛みに対して効果的に緩和させるアプローチをしていき、痛みがない生活をお手伝いして痛みのストレスをなくすこと、痛みがなければ少しくらい変形していても気にならなくなります。

 

Q:膝が突っ張り棒のように歩いていると言われます。自分では普通と思うけど、なぜこんな歩き方になるんですか?

A:歩く立つときに使用する筋肉が弱体化していて骨で立つように癖がつきます。骨で立つと関節に直接負担がかかる為、関節が変形しやすく変形した股関節を悪化させます。本来は筋肉や靭帯などで関節に負担がかからないように保護するのですが、筋肉が弱いために保護できない。だから突っ張って歩くようになるのです。

 

Q:最初は左股関節が痛くて、今は右股関節が痛いのですが何故ですか?

Q:両側の股関節が痛いのですが、両側行った方が良いですか?

A:痛い方の股関節をかばうことで、反対側の股関節も痛くなることが良くあります。交互に痛みを繰り返して両側の股関節が変形していくことが良くあります。バランスの問題ですが施術は「今痛い方の股関節」を優先した方が改善しやすいです。

 

Q:3回のあとは、どうすればよいですか?通うのですか?

A:3回で何をするかというと、あなたの股関節の現在の状態を把握することと、今やるべきこと(やれること)を知ることです。「どのくらい悪いのか?」「どうすればいいか?」と、レントゲンの変形評価とは違う方法で導き出します。例えば、動きの評価で「足が上がらない」としたら、この運動をしましょう。また、「ここの痛み」はこの方法でとりましょうと、3回の施術と指導をして経過を見ながらアドバイスします。だから3回後は症状により異なります。改善するには順序があり階段を上るように」一つ一つ解決していくことが大事です。そのため3回後は相談しましょう。軽度で自分でやると言う方は自分でやる。定期的に現状況のアドバイスがほしい方は定期的に、自分でできないため通う方は通うようです。3択の方法があります。通う通わないと考えるより、改善させるのが最大の目標ですから、あなたがやらなくてはいけないことは貴方が一番良く知っていると思います。

軽度なら3回の施術と指導で改善されているケースもあります。希望を持ちましょう。

→股関節改善には目標設定が必要

 

Q:動かすようにして痛みが出ました。接骨院・整形外科に行き動かすからと言われました。動かした方がいいの?

A:靴下がはけない、爪が切れないのは動かす範囲が少なくなってきたせいです。動かし方がいいです。動かさないと、どんどん動かなくなります。適切な方法で動かすことが重要。自己流などいい加減に行わないこと、当院へお越しください。

 

 

股関節の分類(病院・他の治療院ではない分類法)

 

「痛みはある。痛みがない。」「変形が重度・軽度」での分類するのでなく「動く・動かない」で股関節拘縮で分類していきます。

 

痛みが取れて当たり前。もっと大事なのは動きが出るか出ないかが重要なんです。

この分類を基準にして、施術の方針(内容)と方向性(ベクトル)を導き出して、目標を定め、日々行う目的を明確にしていけば、自己のモチベーション(やる気)が継続し、日々努力精進できます。

 

すると、気持ちと体が良い方向に向いて一致して「奇跡」の効果が上がるのです。

大事なのは!

 

無駄な努力をしないこと、やるなら成果効果が出ることに時間を費やすこと、そして、日々やるべきケアには目的があり明確であること。

 

さらに階段式に目標を設定して、今必要ことを的確に定めて小さな目標から大きな目標へと昇っていくこと、小さな成功を積み重ねていくことで大きな成功をつかむように!

 

それが、冨澤式股関節プログラムです。

評価して分類して、何を今やるべきかを導き出して、やり続ける。

 

これしか股関節を改善する方法はないのです。

 

 

《股関節の痛み改善施術の流れ》

 

当施設にくる方は、当施設に来る前に色々な方法を試されて、最後の望みで来られえる方がです。色々な運動法・ストレッチ・整体・物理療法など、ども納得いかない効果で【あきらめ寸前】の方々がきます。(私も真剣に受け止めて対応します。)

 

股関節の痛みの根本原因を改善させることが、股関節を改善させる唯一の方法です。その原因とは、股関節が外側に逃げていく(寛骨臼から骨頭ずれる)ことです。

 

股関節は簡単に改善していくものではないため【あきらめない根気】で挑みましょう。

 

股関節に負担をかけず、筋肉には負担をかけていくことが大切。

必ず必要なことを、当院はすべての患者様に伝えていきます。

 

当院独自の股関節可動域安定プログラムを来院の方すべてに教えます。

 

・股関節外旋内旋、外転屈曲、伸展可動域を増やす。

・股関節内転筋アプローチ

・股関節の負担をかけないで股関節を守る筋肉(四頭筋・臀筋群)を鍛える方法

 

 

股関節改善プログラム

 

まずは、3回(3週間以内)の施術計画から

 

1(ワン)→2(ツゥー)→3(スリー) 123

1)1回目:疼痛改善整体と指導:炎症=痛み を素早く改善で痛みから解放

2)2回目:動きの改善整体と指導:股関節筋肉群の刺激と運動法指導

3)3回目:筋力の改善整体と指導:自立(股関節改善を自宅で行うための指導)

 

この股関節調整法は、3つの方法から成り立ちます。

 

1)可動域調整法

2)筋力調整法

3)筋肉ほぐし法

 

各方法は目的が違いますが、共通の目的があります。

 

それが、股関節周辺に血流を集めること、股関節が悪い方は股関節の動きがなくなるので血流が悪くなり栄養が股関節に満たされないすると骨の変形も関節の拘縮も悪くなり悪循環が起こります。

 

股関節の方がやらなくてはいけないことは、股関節の動きをよくして筋肉を衰えさせない、そして血流を良くする。

 

私の股関節調整法の最大の目的は「股関節に血流を集める」ことです。

3つの方法(可動域調整法・筋力調整法・筋肉ほぐし法)は股関節に血流を集めるための手段です。

 

私が行っていることは、「手術しても」「手術しなくても」絶対に必要なことです。

 

股関節改善プログラム内容

  • 変形した股関節の現状・原因・治し方の指導
  • 炎症(痛み)早期改善法
  • 股関節安定深部筋郡調整法
  • 股関節歪み調整法
  • 日常生活指導
  • 電話・メールサポート

カウンセリング(重要)

 

股関節の痛みの状況や経過を、詳しくお聞きします。とても大切な時間です。当施設の内容やあなたの股関節の歪み状態・原因をお説明します。納得して受けていただきます

安心安全な調整法

すべて手技による方法です。安心・安全がモットーの股関節調整法です。

  1. 可動域を増やす
  2. 筋肉を増やす
  3. 血流促進させる。(股関節に血流を集める方法)

当院独自の股関節に集中した施術法

 

安心安全な調整法

 

すべて手技による方法です。安心・安全がモットーの股関節調整法です。 

  1. 可動域を増やす
  2. 筋肉を増やす
  3. 血流促進させる。(股関節に血流を集める方法)

ずばり、運動と指導の二人三脚で「治すための施術法」

 

当院独自の整体法指導

 

自分で出来る股関節調整法・正しい歩き方のご指導します。

この部分が大切です。

最後に今後のスケジュール説明

  • 次回のこと
  • 自宅での注意事項
  • メールサポート法の説明

【重要】

 

症状の経過の色々(1回であきらめないで欲しい)

 

A:すぐに効果が出る方(たいていは効果が出ます)

B:2回目で効果が出る方

C:3回目で効果が出る方

効果の現れ方は、人により違うため「あきらめないで」ください。

 

 

こんな方々は「すぐに来てほしい」!

 

変形が進むと関節硬縮(開かない、曲げられない、靴下がはけない、しゃがめない)が起こります。一度起こるとなかなか動きがつけられない。その前に来てほしい。

関節硬縮が起こっている方は、どんどん進むので今の時点、進行を止めて改善の方へ促すことが大切。

 

 

《診療時間》

 

   月曜日 火曜日  水 曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日 
9時-19時
19時-21時 ×
※祝祭日はお休みです 
※当院は保険診療でなく自費診療となります。

 

《料 金》

 

初見料 3,000円 + 施術料8,000円1回/片側

(税別表示)

 

※両側は16,000円/1回税別表示)ですが、3回目以降の4回目からは8,000円(税別表示)となり安くなります。

※高いと思うかもしれませんが、3回以内で今の痛みを改善します。他院で安くても長くダラダラと通えば、逆に高くなる。それ以上に大切な時間が無駄になります。

 

※メール予約で初見料3,000円→1,000円に割引 メール予約はこちら

 

 宿泊施設もご利用ください。

 

 <キャンセル>

 

キャンセルする前に御確認ください!

 

予約のキャンセルには、十分注意してください。急なキャンセルは、予約したくても出来なかった「痛く困っている方」の迷惑になります。常識ある行動をお願いします。

 

  • 当日キャンセル  8640円
  • 3日前~前日キャンセル  5400円

 

※予約の振替もキャンセルと同じ扱いです。一度振込みをしていただき、来院時に返金するシステムを取っています。

※いかなる理由もキャンセル料は発生します。

 

例:5/5予約日の場合、5/4(1日前)5/3(2日前)5/2(3日前)となりますので、キャンセル料が発生しない連絡は5/1となります。

 

振込先)

武蔵野銀行 白鍬支店(シラクワシテン) 普通 1020747 トミザワトシオ

 

キャンセルの申請はこちら

 

お願い:同業者の方は固くお断りします。勉強したい気持ちは良くわかりますが、困った方が予約できない場合があります。同業者は自己申告してください。時間あるときに指導してあげます。

 

通院方法は選べます。

  1. とりあえず3回の施術を希望して、その後は相談したい
  2. 自分では不安なため、通って施術を希望したい
  3. 3回だけの施術で、あとは自分で解決したい。

※変形性股関節と戦うプログラム(貧乏ゆすり・体重管理)を追加希望の方はメール予約の際に申込フォームに記入ください。

当院では売上金の一部を下記非営利団体へ寄付し活動を支援しております。1日でも早い世界中の方の心の平安をお祈りします。
[支援先:日本UNHCR協会NPOペット里親会特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン]