63歳・女性・世田谷、重度の変形性股関節症の方で社交ダンスを今もやっている

当施設の患者様で重度の股関節症で来院された方

 

状況

  • 現在63歳、痛みは40代からあった。
  • 社交ダンスは行っていたが痛くて思うようにできない。休んでいる。
  • 色々な病院へ行ったが手術と言われる。
  • 手術が嫌なので当施設へ来院。
  • 足の長さが3cm以上短くなり、歩くときに体が横揺れしている。
  • 屈曲・外転はほぼ動かない
  • 左の股関節が痛く筋肉が痩せている

 

12回来院、健康ゆすり器1日1時間、冨澤式セルフケア毎日実行

 

施術・指導の効果

  • 今は痛みがなく社交ダンスを行っている。
  • 先生から動きが良くなってきたねと褒められる。
  • 本人も動くようになり良くなっていると自覚がある。
  • 3回の施術と指導でセルフケアを指導
  • マッサージ4か所+ストレッチ3動作+可動域2動作+筋トレ2動作指導
  • その他、できることが多くなってきたので内転筋の調整法を指導
  • 12回半年経過で外転ができるようになる。
  • 屈曲はまだ90度までであるが、最初は曲がらなったから進歩

 

感想

現在の来院目的は、本人が私に施術してほしいと依頼されるので定期的に施術させていただいている。3回でセルフケアを指導して、どんどん改善しているので毎回来た時には新しい指導を追加できるので通う意味はあります。やっぱり私が施術したほうが改善しやすいですから、これが二人三脚で立ち向かうというう事かと、継続して通われる方は効果が早いですね。