53歳男性、沖縄から3日間の施術しました症例

53歳の男性、沖縄から3日間の施術と指導を受けに来ました。

 

元々腰痛があり、いつも左の腰附近が張っていてマッサージに行くのだけど、治らす困っていたら今度は左股関節が痛くなり、靴下がはけない・しゃがめない・歩くと痛いと

 

2年前より痛く色々な病院や整体に行きましたが改善されず当施設に来られました。

 

腰から移行する症例が多く、この症例のポイントは「慢性腰痛」「2年前」です。

 

慢性腰痛は臀部と腰部、股関節の周りの筋肉群が硬くなることで起こるため股関節の動きにも悪影響を起こします。筋肉が硬くなるという事は筋肉は縮むので、その縮んだ筋肉が股関節の隙間を縮ませて減らす原因になります。

 

2年前よりということで、そのころの生活環境が問題になるのです。この方の場合は、空手をやっていたのですが、しばらくやめていて2年前くらいに再開した際に体が硬く柔らかくしようとして開脚を強引にやりすぎたことが関節唇損傷を引き起こしたと考えます。

 

もう一つ大事なことは、体重が増えたのです。3㌔は増えたと!腰痛も悪化していて股関節も痛めてダブルパンチで来ています。

 

施術の内容

 

マッサージ法①②③④+ストレッチ法①②③+可動域拡大法①②+筋肉アップ法①②指導

体重管理指導

健康ゆすりは不要

 

施術後

 

なんかいい感じ!また来ますね。脚が上がる片足立ちで靴下がはけますと^^

 

体重管理は徹底してくださいと伝えました。