三重県の60代女性の脚の付けの痛みを治す方法

三重県の60代女性の脚の付け根の痛みを治す方法

 

2年前から痛みが出てきて、昨年12月に坂道を下り臀部・腿外側・ふくらはぎスネなど痛みが強くなり整形外科など受診した。変形性股関節症と診断され、手術にはまだ早いから様子を見ましょうと痛み止めシップを処方される。

 

娘さんが車で一緒に付き添いで助手席に乗ってき来ました。降りるときの固まった伸びない股関節や痛みのためすぐに歩けない。

 

整形外科で指導されたスクワットや足上げ運動などやっていたが痛みの為断念。

(やってはいけない運動法をしていたため痛みが引かない)詳しくはこちら

 

歩く際のは足を引きずり痛い、仰向けで寝ると股関節が伸びないため痛い、うつ伏せでは痛い方のお尻が浮く。

 

完璧の股関節拘縮が起こっています。

ベットサイドの体の入れ変えで痛みがある。

 

施術は筋肉を柔らかくすることが重要で、特に腰回りの筋肉を施術。股関節の痛みのほとんどが腰の悪さが問題です。

 

施術後はベットサイドの体の入れ替えも痛みなくできる。

 

その後、冨澤式股関節温存療法のマッサージ&ストレッチ法を指導して終了。

軟骨再生した要望なので、健康ゆすり器を提案しました。

 

施術後はその場歩きで腿を上げて「楽」と言ってくれました。^^

娘さんも、連れてきてよかったと笑みを浮かべていました。

 

親子愛を感じました。