変形性股関節症の痛みが治りにくい方の傾向

変形性股関節症の痛みが治りにくい方がいます。その方の特徴は共通しています。

 

表面では治したいと言っているが、深層心理では治したくない(治るのは困る)方々です。

 

どういうことか?

 

痛いことでその方にメリットをもたらしているからです。

 

そのメリットとは?

 

  • 誰かに不満があり、自分が痛い痛い苦しんでることで仕返しができること
  • やりたくない事をやらないで済む理由になること
  • 痛いことを理由にできて何かから逃げられること

 

その方に対しての施術は必要以上に疲れます。

毎回新しい痛みを訴えてきます。「まだここが痛い」「今度はここが痛い」・・・。

 

そして、良くなっている所を無視しています。

立ち上がりがすこし楽になったこと、階段が少し楽とか・・・。聞かないと言わないぐらいです。

 

あなたの身体がかわいそうです。体を労わってほしい。いつも頑張ばってくれてありがとうと言ってほしい。体に感謝してほしい。

 

そんな気持ちが湧いてきます。(言いたいのですが、人に言われるのは嫌ですよね)

 

詳しくはこちら