股関節の痛みを取る根拠

股関節の痛みで軟骨がすり減る原因と治療法

股関節が悪化する原因を取り除くから回復する!

股関節の痛み(変形性股関節症)は適切なケアをしないと悪化(変形が進行)していきます。

 

理由は、動くたびに股関節が摩擦で軟骨がすり減り、その軟骨のカスが股関節に炎症を引き起こします。

 

炎症が繰り返されるとういうことは、軟骨のすり減りが多いと言うことで、軟骨を修復するスピードが追い付かない環境だからです。

 

軟骨がすり減る理由は、股関節(骨盤の臼蓋と大腿骨の骨頭で形成)の隙間に圧縮ストレスがかかっている状態で、無理して動くことで摩擦されすり減ります。

 

股関節の圧縮ストレスの原因は、体重増加・筋力低下・股関節周りの筋肉の緊張短縮が考えられます

 

これらを回復させることで、股関節への圧縮ストレスを無くして軟骨のすり減りを、少なくすることが出来ます。

股関節の痛みで軟骨がすり減る原因と治療法

股関節の圧縮ストレスを取り除くから回復する!

私が多くの方を見て、筋肉の緊張短縮が強いことで股関節への圧縮ストレスで、摩擦が起こっていることが多いと感じました。

 

体重も筋力低下も影響はありますが、一番の原因は{筋肉の緊張短縮が強いことで股関節への圧縮ストレス」です。

 

当院の股関節専門整体(股関節温存療法)は、股関節への圧縮ストレスを無くして軟骨のすり減りを、少なくすることが出来ます。

 

軟骨のすり減りがなくなれば、関節の炎症が起きにくくなり、変形悪化を食い止めることが出来ます。

 

股関節の痛み(変形性股関節症)は、悪化させないことが一番重要なんです。